プチノンを使っているのに効かないのはどうして?

プチノンは効かない?

プチノンを購入して一生懸命肌荒れしている所に塗っているのに効かないと感じている方が口コミを確認するといるようです。定期購入で買えば安く買えるとは言え、せっかくお金を払って購入したのに効かないのは悲しいですよね。

 

でも、プチノンが効かないという原因は何かあるのかもしれません。ここでは、プチノンのことについて、使用しているのに効かないと感じている人達の原因を探ってみたいと思います。

 

プチノンが効かないという口コミ

まずは、プチノンを毎日使用しているのに効かないと感じている人達の口コミをチェックしてみましょう。

色々試してプチノンが評判よかったので購入しました。でも、プチノンが効いているという感じはあまりありません。少しは効いているのかなと思うのですが・・・。ニキビより少し小さめの湿疹みたいなものが出来て、効かないと感じる方が多いです。

プチノンを購入したのに効かないです。何が原因で効かないのか分からなくなってきて、もう止めてしまおうかと思っています。

このように、毎日プチノンを塗っているのに効かないと感じている人がいることが分かりました。プチノンについては、毎日継続しないと効かない商品ですが、上記の方たちはきちんと継続しているのにどうして効かないのでしょうか?

プチノンが効かない原因

では、上記の人達がプチノンを使っても効かない原因はどこにあるのかご紹介いたします。上記の人達が効かないと感じる原因で考えられることは、「洗濯時の洗剤が残っている」場合があります。

 

洗濯をした時に、洗剤が残ったまま日に干して乾かしてしまうと、肌荒れの原因となります。洗剤って結構肌が荒れる人が多いのですよね。そのため、そのような強い洗剤が残っている状態の下着を皮膚に着けることは、肌が炎症を起こす原因になるのです。

 

そのため、上記のような真面目にプチノンを付けていてもなかなか効かないと悩んでいる方は、是非洗濯のすすぎを見直してみたり、洗剤を粉末洗剤から液体洗剤に変更したりしてみてください。特に、冬場に粉末洗剤を使用したり、お湯ではなく普通の流水で洗濯をすると洗剤が残りやすくなります。これは肌荒れの元になる恐れがありますので避けてみましょう。

プチノンを使用しても効かない原因についてのまとめ

プチノンを毎日塗っているのに効かないと感じている人達は実際にいるということが口コミから分かりました。では、どうしてプチノンを使っているのに効かないのかというと、その原因として考えられることに、「洗剤が下着に残っている」ということが考えられました。

 

もしもこれが原因の場合は、対策法として流水を使っている場合はお湯にして洗濯してみたり、粉末洗剤から液体洗剤に変更してみたりしてみてください。これから寒い季節になりますので、ますます洗剤が溶けにくくなりますので、洗剤が付着したまま下着を着用して肌を炎症させないためにも出来るだけ洗剤の洗い残しがないようにしましょう。

 

>>プチノンの最安値はこちら